アルバムに残したい!赤ちゃんの貴重な写真とは?

Digipri(デジプリ)ブロガー1期生のくみげです。
これからよろしくお願いいたします!

 

私は現在5歳と2歳の息子を持つ母です。

赤ちゃんの頃ってどの表情も可愛くて、
一瞬一瞬が貴重で、ついパシャパシャ写真を撮ってしまいますよね。

しかし、いざ見返すと
アルバムに残すべき写真はどれが良いか選べないなんてことはありませんか?
というか、私がそうでして…写真選びに悩みましたf(^^;)

 

赤ちゃん時期の写真を選ぶ際に気付いた事で、
「特にこの時期の写真は外せない!」私なりのオススメ時期の撮り方をご紹介します。

 

それは…「産まれてすぐ~生後1ヶ月間」です!

 

出産して大感動を味わった、あの産まれたての、守ってあげなきゃと思わせる
“小さな赤ちゃんの体”は一ヶ月もすればスクスクとすぐに大きく!

とっても良い事なのですが、二人の息子を育てた経験で、
私は特にこの生後一ヶ月間の体の成長がものすご~く貴重な時期に感じました。

そして、この貴重な時期の写真をもっとたくさん残しておくべきだったな…とも。
当時の体の大きさも思い出せるような……と撮影していた写真の中で、
「これは良かった!」と思えたのが、
体全体や手や足などの大きさが比較できるような写真でした。

 

今は赤ちゃんを撮影してくれるフォトスタジオのHP等でも
イメージ写真からプロならではの素敵な撮り方を知れるので、
参考にさせていただくのもアリかと思います!

私の写真は、私の手の上に赤ちゃんの手を乗せてみたり、足を乗せてみたり。

 

6月分玉川様02

 

6月分玉川様03

 

手の上に乗せてもこんなにちっちゃかったんだぁ!!(感動再び!)

今では信じられないくらい立派な手足ですが、
当時の体型や雰囲気が写真を通して思い出すことができます♪

 

また全身は、ちょっとお恥ずかしいのですが、「ざぶとん」と比較!?(笑)。

 

6月分玉川様01

 

ざぶとんでねんねしている姿からスッポリと全身がおさまって、
ざぶとんよりももっともっと小さい時期があったなんて!

記憶が蘇ったようにキュン♪とします。

 

これはアルバムに絶対残しておきたい写真。
将来息子にも見せたいな。

 

とっても小さくて可愛い赤ちゃんのお写真、可愛いお顔はもちろんですが、
貴重な時期の全身や体のパーツの大きさがわかる撮り方をして
残してみるのもオススメですよ(^^)b


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です