サービス開始20周年を記念して、Digipri blog 本日スタート!

いつもDigipri(デジプリ)をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

 

1996年世界で初めてインターネット経由のデジタルカメラのDPE(写真現像)サービスを始めたDigipriは、今年8月、20周年を迎えます。

 

写真は日用品ではありません。なくても生活するのに困りません。

それにも関わらず、過去も現在もそしておそらく未来も、少しずつ進化しながらも変わらず私たちの生活の一部としてずっと私たちのそばにい続けています。

この20年間、たくさんの写真を愛するお客様、写真を記録として、またコミュニケーションの手段として必要とされるお客様方に支えられてきました。

 

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

これを機に写真を通じて皆様にお届けできるものは何か、今一度スタッフ一同考え抜きました。皆様にとって写真とは何か、どういう役割を担うのか…

 

Photo(写真) =  Love(愛)

 

これが私たちの出した答えです。

 

それは、写真が「幸せな今この瞬間」を記録として残してくれるということに加えて、Digipriの多くのお客様、お子様のいらっしゃるご家庭では、写真はまさにお子様に向けたお父様、お母様方の愛情表現だからです。

 

以下は、先日Digipriで行った座談会で、お母様方が「写真とはどういう存在か」について話されていた内容の抜粋です。

 

  • 自分の結婚式の時に子供の時からの写真スライドでみて、両親の愛をあらためて感じた。可愛がってもらっていたんだな、と思う。自分も子供に同じことをしてあげたい

 

  • 子供の誕生日が近づくとアルバムをつくってあげたい気持ちになる

 

  • 忘れてはいけない瞬間の記録。子供が大きくなったら見せて語り合いたい

 

  • 愛情を伝えるもの。写真がいっぱいあったら、将来それを見て愛情をわかってもらえるかな?(育児日記は難しくてできていないから写真で勘弁してもらいたい)

 

  • 二度と戻れない大切な瞬間。成長とともに顔も変わってくるので、心の中で覚えているだけでなく、思い出としてとっておけるところが良い

 

  • 子供が大きくなったら、過去の振り返りになる。写真の枚数=愛情、という感覚があるので、たくさん残してあげたい

 

  • 家族写真を飾っていて、子供がそれを見て、パパと言ったりすると、こうやって絆が深まって家族になっていくんだなぁ、と思う

 

……………………

 

 

photolove-3hearts

 

Photo(写真) =  Love(愛)

 

写真の役割をしっかりと胸に刻み、今後も皆様により良い製品・サービスをご提供していけるよう、想いを込めて作った新しいコンセプトロゴです。

 

今後もPhotoLoveに関連する様々な製品・サービスをお届けするとともに、情報もお届けしたいと思い、このPhotolove Digipri blogを開始いたしました。

 

Digipriをご利用のお客様が写真に関する情報やお客様ご自身についてシェアしてくださる場をご提供することで、皆様のPhotoloveがより盛り上がることを願っております。

 

 

Photolove Digipri blogを末永くよろしくお願いいたします。

 

 

 

Digipri スタッフ一同


You may also like...

2 Responses

  1. 宮田まどか より:

    15歳の息子がいます。 生まれてから沢山の写真を撮り、アルバムにしてきました。数年おきに息子と一緒に赤ちゃんの頃からの写真を見ます (^o^)。 一緒に昔の写真を見ている息子の顔が何とも言えない嬉しいそうな、愛情いっぱいの幸せに満ちた顔をしています。これからもずっと写真を撮り続け、息子への愛情として残していきたいです。、いつか息子が結婚するときにはフォトプックを作って贈りたいとも思っています(^o^)

    • DigipriBlog運営局 より:

      宮田まどか様
      Digipri blogをご覧くださり、ありがとうございます。また、素敵なコメントをいただき、重ねて御礼申し上げます。
      他のお母様方からも、お子様方は自分の写真を見るのが好きだと伺っております。フォトブックをお作りの場合、リビングなどに置いておくと、とても嬉しそうに何度も何度も見返しておられるそうです。きっと愛情を感じて心地良いのでしょうね。いっぱいの愛情を受けて成長されたお子様の晴れの日が楽しみですね。Digipriのフォトブックでお役に立てる日がくること、心より願っております。今後ともDigipriをよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です